ジャズサックス奏者 浅井良将のブログです。
by asaxryosuke
カテゴリ
schedule
Profile
レッスン
日記
Contact
演奏依頼、レッスン、CDなどお気軽にお問い合わせ下さい。

e-mailはこちらへ

※CD BABYでMP3ダウンロード販売開始しました。
Ryosuke Asai Septet: The Alchemist







◼︎Live Schedule
以前の記事
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2014年 09月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

上山崎初美トリオウィズ

今日は大阪のハービスの前で上山崎初美トリオとライブだった。
上山崎さんは甲陽の時の先生で、ピアノの高岡さんと、ドラムの恒川さんとは初めてライブで演奏させてもらいました。
今日は雨が降りそうでしたが、何とかリハの時までもってくれてリハが終わったら何と晴れたので良かったです。
d0063635_233842100.jpg

演奏の方は初めて演奏させてもらう人がほとんどなので新鮮で楽しかったです。
外で吹くのは爽快で壮快で、気持ちいいですね。
d0063635_23441688.jpg

今日は気合いを入れようと髪の毛も切りに行きました。
右から見ると
d0063635_23474115.jpg

バリカンは使ってないですが、はさみで切れる限界近くまで横は切ってもらいました。
左から見ると
d0063635_2348377.jpg

うーん。あれ???
よーく左から見ると
d0063635_23502979.jpg

あれ???

そうです。10円玉ほどのハゲを発見しました。笑
何か猛烈なストレスを感じているのでしょうか。笑
自覚症状がないだけにすごいびっくりしました。
画像だけじゃ良く分からないと思いますので、是非近いうちに僕のハゲっぷりを見にライブにお越し下さい。という無理矢理なお誘いをして今日はおやすみします。
明日からは1泊2日で日本海の天の橋立てに、クリニック&演奏に行ってきます。
天の橋立てには初めて行くので楽しみです。
それではみなさんまた明日。
おやすみなさいー^^
[PR]
by asaxryosuke | 2007-08-31 23:59

雨天中止

今日のハービスでのライブは雨天中止ということなので、
もしかすると無くなる可能性があります。
また分かり次第お知らせします。
[PR]
by asaxryosuke | 2007-08-31 11:19

三宮

おとといはまだまだ眠かったけど、朝目が覚めて甲南大学へ行きました。
そして久しぶりに大学の友達や後輩と会って嬉しかったですね。
そしてその後、六甲アイランドにニューポートの演奏を聴きに行きました。
ニューポートジャズオーケストラというのは甲南大学の看板ビッグバンドで、毎年メンバーが変わり、夏の大会にも出ます。今回は惜しくも15位だったのですが、僕はそのときは演奏を聴いていなくて、おとつい初めて聴きました。
みんなうまくなっててびっくりしました。
バンドもうまくなっててかっこよくてびっくりしました。
やっぱりビッグバンドはいいなぁーと思いました。
その後、先輩と飲んだりして気づいたら寝てました。
その日は起きたときからずっと眠かったです。
昨日は家族で買い物したり寿司(回転)食べたりしました。
パソコンも買いました。
マックを買いました。
ついにマックです。
多額の借金を負いました。
今日は三宮をうろうろして、大学に行き、ベース弾いたり、友達とセッションしたりしました。
やっぱり人と演奏するのは楽しいですね。
みんな演奏の感じが少し前と変わってる気がして新鮮で良かったです。
明日は京都コンポーザーズオーケストラという10月にライブを京都でするビッグバンドのリハーサルが京都であります。
その後、夜はグローバルジャズオーケストラの練習。
明日は久々のビッグバンドです。楽しみですー。久しぶりに譜面読めるかな。笑
ということで明日は京都、大阪をうろちょろします。楽器屋行ったりCD見たりしようかなぁと思います。
ではまたー。
[PR]
by asaxryosuke | 2007-08-27 23:55

帰国

無事に帰国しました。
日本はやっぱりジメジメしていて暑いのにびっくりしています。
神戸はやっぱり綺麗ですね。
これからも頑張って更新するのでどうぞよろしくお願いいたします。
初ライブは
8月31日に大阪のハービスで演奏します。
野外で暑いかと思いますが、17時45分〜で、日も暮れてくる頃で涼しくなっていると思いますのでみなさん是非お越し下さい。もちろんタダなんだと思います。
メンバーは
上山崎初美さん,bass 高岡正人さん,pf 恒川久徳さん,ds
です。
ライブスケジュールもどんどん更新していくので是非チェックしてください。
よろしくお願いしますー
[PR]
by asaxryosuke | 2007-08-26 21:30

さよならNY

明日の朝NYを出発します。
ドラゴンボールの世界なら空を飛ぶか瞬間移動ですが、
僕は飛行機に乗って乗り換えたりして一日弱移動時間がかかります。
めんどくさいです。
僕の予定ではデトロイトまではずっと起きて適当にぼけーっとしておいたら着く感じで、
デトロイトから関空まではひたすら任天堂DSでウィニングイレブンを電池が持つ限りしてあとはMDかiPod聞きます。それか眠くなってたら寝ます。
行きの飛行機の中でもひたすらゲームしたけど、その時は、まだ始めたてで面白くて良かったけど、今はもうやりすぎて飽きました。500戦くらいしています。
最近任天堂DSの英語づけというソフトを久しぶりにやったら英語力が日本にいるときよりも落ちてました。笑

NYで失ったもの 
•栄養
•練習時間
•生活リズム
•味覚
•パソコン(壊れた)
•パソコンで作っていた譜面のデータ
•アイチューンに入っていた曲
•視力(マンガの読みすぎとゲームのしすぎ)
•ゴキブリ(二匹)
•今西さんの携帯(すみません)

などなどです。

NYで得たもの
•いろいろ

などなどです。

日本に帰って楽しみなのは家でテレビを見る事です。
NYに来てから2秒くらいしかテレビを見ていません。
お笑いとかみるのが楽しみです。

NYに来て好きになったアーティスト
•スティービーワンダー
•グローバーワシントンジュニア
•メイシオパーカー
•ディジーガレスピー
•チャーリーパーカー

日本に帰ったらいろんなジャンルの音楽をしたいなぁーと思います。
今までほとんどジャズしか聞いていなかった自分に新たな音楽に対する興味が出たことは僕にとって革命的なことです。
つい昨日聞き始めたような状態なのでまだまだ初心者だし、新鮮で気持ちいいです。
純粋に音楽を楽しめる気がしてなりません。
なかなか自分も予想していなかった結果に自分の気持ちはとてもよく整理整頓されていていい感じです。NYに来ていろんな音楽に出会えて良かったと思います。
それがNYでの一番の収穫です。
けど、やっぱりビッグバンドは好きだしビッグバンドのライブもしたいと思います。
今は早く甲南大学にお邪魔して誰かのウッドベースを早く弾きたいです。
右手の指はもうとっくに綺麗になっちゃいました。

そんな訳で日本に帰ったらまたちょこちょこ(週2〜月1ペース)ブログも更新していきます。
またみなさんに会える日を楽しみにしていますー
[PR]
by asaxryosuke | 2007-08-23 10:48

Blue Note

初めて中に入って演奏を聴きに行きました。
デイブホランドのバンドです。
アントニオハートがアルトでした。
アルトかっこよかったです。
けど、ずっと立って聞いていたので、しんどかったです。
ステージからもだいぶ遠かったのであんまりよく聞こえませんでした。
ケニーギャレットかそのそっくりさんも見に来ていました。
飛び入りで吹くかなぁ?とか期待していたんですが吹きませんでしたね。
アントニオハートは坊主にしていました。
僕は個人的には坊主じゃない方が好きです。
マルグリュミラーは大きかったです。
エリックハーランドは見えませんでしたね。
ロビンユーバンクスも坊主でした。
アレックスサーシャなんとかはトランペットを吹いています。
デイブホランドはベースを弾いていました。
マイクを手に取り喋ったりもしました。
マイクはステージ上に何本かありました。
演奏が始まるときミュージシャンは二回から降りてきました。
そしてステージの真ん中から入りました。
トイレに入ったらまず鍵をかけます。
靴下は左足からよく履きます。
[PR]
by asaxryosuke | 2007-08-22 12:15

YAMANO BIG BAND

この時期になるといつも大会があった。
ドラゴンボールで言う所の天下一武道会が毎年あるのだ。
中学、高校の時は、スチューデントジャズフェスティバルというのがあった。
その大会は主に関西の中学、高校のジャズバンドが競い合うものだった。
僕が初めてその大会を見たのが中1のとき。そのときゲストバンドにグローバルジャズオーケストラが出ていてすごくうまくてかっこよくて感動した。雲の上の存在のようだった。
しかし、なんと僕の母親はそんな大会を僕が小学生のときから見ているらしい。そのころ僕は外で走り回っていただろう。
ここで、僕の母親の紹介をしよう。

見た目は地味で髪の毛も短く、いつも紺色のださいリュックか、動物の絵が描かれた森の中の様なショルダーを見につけている。
そんな外見とは裏腹に何でもできる多彩なお方だ。
一人っ子で大事にされていたであろう。
昔、ギターを弾いていたらしく、音大受験も考えていたみたいだが、楽典という理論の勉強をしないといけなくて断念。僕が思うに、勉強していたら全然問題なく受かっていたと思う。
ただ、そんな勉強をする意味がないと思ったんだと思う。
そして、何故かフルートもしていた。し、エレクトーンもしていた。
そして、ヤマハの講師となり、僕が小さい頃にはよく家でエレクトーンのレッスンが開かれていた。自分より、年上の人達が家にズカズカと入って来たかと思うと大音量でエレクトーンを弾きちぎっていた。いやでも、耳に入ってきた。しかし、僕は興味がなくて、外で野球かサッカーをしていた気がする。
そして、そんな母は今は何と水泳の先生をしている。
意味が分からない。しかも、知らん間に気づいたらなっていた気がする。
なかなか謎の多い母親だ。
ついでだから父親も紹介しよう。

出身は奈良県。彼もギターを弾いていたらしいが、サッカーやバレーボールをやっていたらしい。大学は中退したとかしてないとか。僕と一緒ですね。笑
まぁ、そんなところでしょう。
僕は昔からやたらと意味分からん習い事に行かされて、水泳、そろばん、塾、テニス、サッカー、野球。塾はこれからという小学校6年生になり受験に向けて授業数が増えたので辞めた。塾にそんなに友達もいなかったし、なんでこんな勉強ばっかしとうやつと仲良くせなあかんねんみたいな気持ちもあった。けど今、思うとそれらの習い事をしていて良かったと思う。今更そろばんとかもう忘れたけど、その時に何かを得て、今それが活かされている気がする。
僕も割といろんなことにおいて結構うまくできる方だと思うが、それは間違いなく、両親の血と教育のおかげだと思う。子供で何も分からんけど元気に生きている僕をうまくコントロールしたのである。
ちなみにおばぁちゃんは、一人は幼稚園の園長先生、もう一人はよく海外旅行している、おじぃちゃんは建設会社の社長と警察官。みんなすごい自慢な家族だ。
話は戻って戻って。。。

その夏の大会は僕にとってすごい刺激的で負けず嫌いな僕はすごい憧れ、早くでたくてでたくてしょうがなかった。
そして初めてその大会に出たのが高1のとき。先輩の代で僕はバリトンサックスを吹いて出た。何で、バリトンやねんと今考えると思うが、その時は全曲出れるし嬉しくてしょうがなかった。そして、見事優勝。僕は来年自分たちの代で絶対優勝したいと強く思い始めた。
そして、1年が経ち。。
2位ー2位−2位ー
すっごい悔しくて屈辱的だった。
人生そんなに甘くないんだと。。
みんな控え室で泣いていた。石井も泣いていた。
僕もそこにいたら泣きそうだったので外に出てリハーサル室の前の椅子に一人で座っていたら読売テレビの伊藤君がやってきて、「君もここにおったかー。」みたいな感じだった。
完全に一位を取れるというか取るというか取ったと思っていたから完璧にダメージを受けた。
甘かったのだ。
その後、少しみんな戦意喪失して、僕らは部室を火事寸前にして部停をくらい、親まで呼び出されたり、体操部に侵入してトランポリンで遊んでる所を体操部に見つかったりした。

そして、大学。
大学には大学でまた嫌な事に山野ビッグバンドコンテストというのがあるのだ。
その大会は全国の大学から予選を突破した大学が集まり競い合うもので、やっぱり憧れていた。
昔から、野球でもサッカーでも何でも勝ちたい願望は強くて中学に入ってからはスポーツをあまりしなくなって勝負事がほとんど無かったから飢えていたのかもしれない。
しかし、僕は大学を辞め、いろいろあってその大会には出れなかったのだ。
ガーーーンである。
人生甘くないなである。
 
そんな大会が昨日あったのである。
僕の友達や後輩達がそれに出るため、一生懸命に練習してそして昨日いよいよ本番だったのだ。僕は毎年中学のときはスチューデントジャズフェスティバル、大学は山野を見に行っていたが、今年は見に行っていないのに何故か少し緊張していた。
この時期は毎年、友達と一生懸命何かにとりくんでいる時期だったから、夏休みに入って、よっしゃー部活やーっていう時期やったから今みたいに一人みたいな状況は初めてで新鮮だけどやっぱりまだ体が覚えているのか少し緊張していた。
中1の時の自分はまさかグローバルジャズオーケストラに入る事も今、ニューヨークにいるということなんて想像もできなかっただろう。
人間は変わって行くんだなぁと思う。
いままでの自分を知っている人の前ではなかなか今の自分を出すのは恥ずかしかったり難しいかも知れないが、昔、あんあ人やったのに今こんなことしてるんやーという先輩や友達はたくさんいる。小学校の友達が高卒で消防士になってたり、野球好きやった友達がまだ野球の有名な大学で野球選手目指してたり、映画監督目指してたり、デザインしてたり、いろんなことをして頑張っている友達はたくさんいる。むしろ、何にも変わってないのかもしれない。
子供の時から好きな事をいまでも好きでずっとやっているだけなのかもしれない。
よく考えると僕はほんとに昔からそうだったと思う。
何でも嫌なことは避けて頭痛いなど仮病使って休んでいたりした。高校も何回も授業さぼって練習したり、授業中寝たり、アメリカ留学したいと言ってみたり、大学辞めたり。。。
しかし兄は何にも言わなかった。平然と生きている兄が少しかっこよく感じた。
数えきれないわがままを前触れもなく行っていた。
その時は完璧に僕は自分だけのことしか考えれていなかった。
そういうわがままを言う時はたいてい僕が耐えきれなくなったときだった。
そんな時僕は自分でいっぱいだ。
親が良かれと思って、塾行かせたり、受験進めたり、いろいろしていたことを僕は一瞬で嫌やーっと言って辞めていたのだから親からするとはぁぁーという感じだろう。
僕が親だったら疲れきっている。
相当なダメージを与え、心配もさせ、不安な思いもさせているだろう。
今までのしつけは水の泡だったの?と思った時もあるだろう。
しかし、今、僕はそのしつけとかは無駄にならないことを確信している。
ずっと親の言う通りに動いていたらこんな人間にはなっていなかっただろう。
今頃、メガネかけて、何かの実験しているかもしれない。
けど、今こうなっているのも両親の血が流れている一人の人間が自分の意志を持っているからだ。両親の思い描いていた子供といまの自分はちがうかもしれないが、それもこれも僕があなた達の子供だからであって、両親の血が流れているからだ。
そして、今の自分がこんなのも両親の血が流れている自分だからだ。
両親が思い描いていた子供以上の子供になることまっしぐらだ。
なんせ、両親の血が混ざっているのだから。
両親の昔の教育は間違いなく今後、活かされ、あなた達の教育はしつけは間違っていなかったということを僕は証明し、そして感謝するでしょう。
そして、僕の周りにいる、素晴らしい友達、先輩、後輩、仕事仲間にも感謝するでしょう。

今、一人でNYにいても、自分は単体の自分であって自分でしかない。とは感じない。
毎年、友達と一緒に何かを一生懸命にやっていた感じと同じなのかもしれない。
今の自分があるのは親、親の親、親の親の親、親の親の親の親の、、や、友達、先輩、後輩、兄。すさまじい影響を受けて今の自分がいることを僕はつよく感じています。一人で。
あー寂し。

昨日はご飯に塩かけて食べました。。。
[PR]
by asaxryosuke | 2007-08-20 03:17

bar next door

というところに二日連続で行ってきました。
おとついはJoel Frahmというテナーの人のやつを聞きに、
昨日はJonathan Kreisbergというギターの人を聞きに行きました。
2人ともうまかったです。
8ドルと1ドリンクなので値段も安くていいです。
その近くにはいっぱいライブハウスがあって、
ブルーノートやヴィレッジアンダーグラウンド、55バー、スウィートリズムなんせちょっと歩くだけでいっぱいあります。
レストランで生演奏があったりカフェの地下がライブスペースになってたり、小さな教会でただでコンサートをしていたり。
この時期は僕もそうですが、観光客がめちゃめちゃいっぱいいます。
この時期関わらず多いのかもしれませんが、周りはほとんど観光客です。
何回も道が分からない人が僕に道を聞いてきます。
僕は知ってる所はちゃんと説明してよー分からん所は「たぶん、あっち」と適当に答えます。
だから、僕のせいで余計、迷ってる人が何人もいることでしょう。
僕にはそんなこと知った事ありません。
僕も観光客なのですから。
それほど、観光客がたくさんいるということです。
観光客が観光客同士で道を聞き合っているみたいです。
かと言って、僕は以前、タクシーの運転手に道を訪ねたら長い間しょうもない話につき合わされました。僕は話のほとんどを理解していない上、8割方聞き流していたので、返事が適当すぎて怒られました。
「そんなんじゃ、タクシー乗せたらへんぞ!!」
はい。。初めからタクシーには乗る気もないんですが、、
こんだけ、いろんな人種がいて、人も多かったら誰がいい人かなんてはっきり言って分かりません。
僕は基本的には日本人に見えるみたいですが、たまに何人か分からんけど間違えられることがあります。よく何語か分からん言葉で話しかけられて「ごめんなさい、何言ってるか分かりません」というと相手も気づくみたいです。
何かたぶん、アラブ系?よく地理も分かりませんが、インド人っぽい人とよくそういうことが起こります。
要するに人種っておもしろいなと思います。
同じ人間なんかなぁ?とたまに思う時すらあります。
動物で言うとどんな感じなんやろう?
しかも、韓国人とアメリカ人のハーフとか更にいろいろあってクォーターとか微妙な違いの人達までいるとなると奥が深いですね。
[PR]
by asaxryosuke | 2007-08-17 10:47

再び現れたやつ

や、やつが、、
やつが現れましたーーー!
ふ、再びやつが現れましたー。
夜中、僕がのんきにドラゴンボールを読んでいたころ、やつは動き始めていたのです。

ふと、台所に何か気を感じた。(ほんまはのどが乾いて水飲みに行っただけ。)
一歩一歩おそるおそる台所の方へ向かった。
台所の電気をつけると、、、
や、や、、やつだ。
今でも覚えている。。。
ただ冷蔵庫にある水を飲みに来て、飲んだらまた部屋に帰ってドラゴンボールの続きを読むはずだったのに、電気をつけた瞬間のことだった。
やつは、台所のシンクの中にいやがった。
そのときのシンクの状況は、昨晩に作った焼きそばのフライパン、サラ、箸、まな板、そして、ヤツ。。
僕は正直言ってビビった。
再びやつが現れるなんて。。。
やつは先月、叩き潰したはずなのに。
僕は正気に戻ってすぐ周りを確認した。
他に仲間がいて飛んできても困るからだ。
そう、やつらはたまに飛ぶのだ。
飛ぶのが下手なくせに。。
あれは、人間への嫌がらせとしか考えられない。
明らかに地に足をつけている方が動きが速い。
幸い、やつの仲間はいなかった。
しかし、シンクの中にいては潰そうにも潰せない。
シンクが汚れるのも嫌だし、食器がよごれるのも嫌だった。
そうだ!  これしかない!
そうするしかなかったのだ。。。

ここからはゴキブリの視点でお楽しみください。
「あぁーちょっとしか食べもんないわー。そろそろ移動かなぁ。」
ゴキブリにスポットライトがあたる。
「うわぁぁぁ。まぶしいぃっ!何やねん、いきなりー。」
「何や、何もないんかい。驚かせやがって。」
そのとき、ゴキブリの上から、何やら緑のヌルヌルした液体が降ってくる。
「ベチョ、ベチョ」
「うわっぁぁぁ。何やこれー逃げろー」
さらに、大量のお湯が流れてくる。
「ブクブクブクブク。。。プハァーっ。はぁあぁはぁ、どないなってんねん」
すると何やら緑の液体とお湯とが反応してシンクはたちまち泡だらけに。。。
「うわっ。何も見えん。どないしよどなしよ。」
ジャブジャブジャブジャブジャブ。
プクプクプクプクプクプク。

10分後。
「。。。。。。      、。」

やつは、再び死んだ。
大量のお湯と洗剤を飲み、身動きもとれず、溺れ死んだのだ。
数分後、泡がひいた後に、僕はやつをキッチンペイパーでくるみ、更にもう一回くるみ、
握り潰した。パキッと。
一度ドラゴンボールで蘇ったものはもう二度と蘇らない。。。
ナメック星のドラゴンボール以外なら。。。

次回予告
「ゴキブリーニャ誤ってコンセントで感電死」
[PR]
by asaxryosuke | 2007-08-13 04:45

クリスポッター

昨日はとても寒かった。
半袖半ズボンではたえられないくらい。
人々も冬のような格好をしていた。
僕は半袖半ズボンだった。
かなり寒かった。
地下鉄に入るといつもなら蒸し暑くて気持ち悪いのに昨日は暖かくて気持ちよかった。
昨日はクリスポッターを55バーというところに見に行った。
10時からだったが早めに9時ごろに行ったらすでに30人くらい店の外に並んでいた。
結局100人くらい並んでいたと思う。
もちろんみんな入れなかった。
僕は33番目くらいだったのでなんとか入れて聞けた。
すごく良かった。
めちゃめちゃ上手かった。
僕もうまくなりたいなと思った。
最近寝る前にドラゴンボールを読んでいる。
孫悟空がもっと強くなりたい、桜木がもっとうまくなりたいと思う様に
僕ももっとうまくなりたいなと思う。
マンガは素晴らしいと思う。
読めば読むほど僕の心は自信と希望と勇気と愛に満ちあふれる。
幼い子供が必死に読んでいるのと同じ様に僕も必死に読んでいる。
今までほとんど読まなかったのですごく新鮮でおもしろい。
兄がマンガをいっぱい持っていてよく読んでいたのに僕はほとんど関心がなくて外で友達と遊んでばっかりいた。
マンガも読んで外でも遊んでいたら良かったなぁ。
次はマジュニア対てんしんはんだ。
クリリンも悟空も予選を突破している。
昨日は結局夜中の2時くらいから朝の6時くらいまでずっと読んでいた。
夢中になって時間が経つのを忘れるというのはこのことだな。
昔、外で友達と遊んでた時とか楽器の練習していたときとか譜面を作っていた時とか全てこんな感じだった。
こういう感じが僕は大好きだ。
はっきり言って年々こんな感覚は少なくなっている気がする。
よくないなぁー。
けど、スラムダンクとドラゴンボールのおかげで思い出す事ができた。
まだまだ無我夢中になれる頭を持っているのだ。
死ぬまでずっとこの感覚を忘れずにいつまでも好きな事を無我夢中にやることが大切だと思う。
桜木のように流川のように仙道のように悟空のように偉大な人達のように。
僕は完璧に生きがいをそこに感じる。
だから生きている限り何回も何回もドラゴンボールを読むだろう。

話は変わるがいつも起きたらアイスコーヒーを買いに行く店がある。
家からと徒歩10秒くらいだ。
そこの兄ちゃんが僕が来るといっつもつたない日本語を嬉しそうに喋ってくる。
僕も嬉しくて笑って話する。
それが日に日にそいつの日本語がうまくなっているのだ。
驚きだ。
今までは
ありがと
しか言えなかったのに
今では、
こんにちは
どういたしまして
さよなら
おやすみ
信じられない成長ぶりだ。
明日は何て喋るか楽しみだ。
常に上には上がいる。
恐ろしい世の中である。
悟空はそんな時
「おら、わくわくしてきたぞ」
と言うのであろう。
[PR]
by asaxryosuke | 2007-08-12 06:59